日本の縁起物。タトゥーモチーフまとめ1

 
アメリカン・トラディショナルなテイストで彫るタトゥーと相性がいい日本の縁起物をまとめてみたので、タトゥーを彫る際のアイディアの参考にして頂ければと思います。今回のテーマは「宝尽し」です。宝尽しとは、古くから着物や帯などに縁起物の紋様をちりばめた、日本人に愛されてきた縁起のいい紋様です。刺青・和彫りの世界ではとても人気のある「宝尽くし」をタトゥーのデザインにするのも人とあまり被らないしおすすめです!
2017.11.01  CULTURE

打ち出の小槌(うちでのこづち)

  

振るたびに欲しいものが出てくる伝説上の槌。日本の昔話に登場する宝物のひとつ。鬼の持つ宝物とされるほか、大黒天の持ち物であるともいわれ、富をもたらす象徴。

金蓑(こんのう)

 

お金や財宝を入れる袋。巾着袋とも表する。

分銅(ぶんどう)

  

秤で金の重さを量る際に使う重り。四角形や六角形のものもあるが、円形の左右がくびれた形が文様に使われる。

軍配(ぐんばい)

  

戦に際して方角を見極め、天文を読んで軍陣を適切に配置する意。軍配を行う者を軍配者という。勝負・勝利の象徴。

隠れ蓑(かくれみの)

  

身に着けると姿が見えなくなる蓑。危険な事物から姿を隠し守ってくれるといった意味合いの縁起物。蓑は女性の文様とされる。

隠れ笠(かくれかさ)

 

身に着けると姿が見えなくなる笠。危険な事物から姿を隠し守ってくれるといった意味合いの縁起物。笠は男性の文様とされる。

丁字(ちょうじ)

 

スパイスのクローブ。平安時代に輸入され、薬・香料・油・染料として使用されたもの。希少価値であることから宝尽くしの一つに。夫婦円満・健康・長寿の象徴

宝珠(ほうじゅ)

 

密教法具のひとつ。どんな願いも叶う宝の珠。先が尖っており、火焔が燃え上がっている。「如意宝珠」とも表される。

宝巻(ほうかん)

 

巻軸とも表される、お経の巻物。知恵・知識の象徴。

宝鍵(ほうやく)

 

蔵を開ける鍵のこと。福徳の象徴。

 
 

RELATED ARTICLES