海外の縁起物。タトゥーモチーフまとめ

 
トラッドスタイルで彫るタトゥーと相性がいい海外の縁起物をまとめてみました。タトゥーを彫る際のアイディアの参考にして頂ければと思います。今回はヨーロッパで古くから縁起物として伝わるラッキーアイテムをピックアップ!!幸福をもたらしたり、災難を避けられるといわれ、人々から愛されてきた幸運のアイテムはタトゥーの世界でももっともポピュラーな題材として親しまれています。
2017.11.01  CULTURE

gold horse shoe

馬蹄・ホースシュー

  

馬の蹄鉄は魔除けやお守りとされ、国や地域によって様々な言い伝えがありますが、U字型に幸運が転がり込み、窪みで幸せを受け止め満たしてくれると言われ、開いている方を下に向けて飾ると、窪みに貯まった幸福を逃がさないともいわれ、主に家の壁に飾られる事が多い。

four leaf clover

四つ葉のクローバー

  

4つの葉それぞれに名声・富・愛・健康といった願いが込められていると言われる。日本でもおなじみの幸運アイテム。また、全部の葉で真実の愛を意味します。

てんとう虫・レディバグ

  

ヨーロッパでは、『テントウムシが身体にとまると幸せがやって来る』という言い伝えがあります。英語名のレディバグのレディとは聖母マリアを差し、マリア様のお使いと言われ親しまれています。

mushroom

ベニテングダケ

  

マリオやスマーフで日本でもお馴染みの赤い傘に白い斑点のある、見た目は可愛いキノコですが実は毒キノコ。見つけた人に突然の幸運をもたらすいわれ、年の変わり目にはキノコのグッズをお守りとして親しい人に配る習慣もあるようです。

three dice

サイコロ・ダイス

  

サイコロは運命をつかさどるモノとして、災難除け・魔除け・ ギャンブルのお守りとされてきました。一度に三面を見ることができ、そのことから『三位一体=神』を表すとも言われるラッキーアイテム。

antique key

鍵・キー

  

鍵は閉ざされた扉を開くことから、「希望への道を開く」「心の扉を開く」などの意味合いをもち、愛・冨・健康を呼び込む象徴ともされるラッキーアイテム。

 
 

RELATED ARTICLES